大阪の引越しで安い業者は?

大阪から遠距離へ引越しするといくら?各主要都市への料金は?

突然ですが、大阪から遠距離へ引越しするといくら?各主要都市への料金は?と困っていませんか?

  • 大阪から各主要都市への引越し料金は?
  • 引越し料金を安くするポイントは?

この記事でこれらの悩みを全て解決します!

 

大阪から各主要都市への引越し料金は?


大阪から各主要都市への引越し料金相場は以下の通りです。引越し料金は業者によっても大きく変わりますので、大体の相場として確認してください。また、引越し料金は通常期と繁忙期で金額がかなり変わりますので、それぞれの料金をチェックしておくことが大切です。

 

通常期(5~2月)の大阪から各主要都市への引越し料金

単身 2人家族 4人家族 5人家族以上
北海道(約1000km) 15万円~ 20万円~ 30万円~ 40万円~
仙台(約600km) 7万円~ 15万円~ 27万円~ 35万円~
東京(約400km) 6.5万円~ 10万円~ 23万円~ 32万円~
名古屋(約150km) 4万円~ 8万円~ 12万円~ 15万円~
愛媛(約270km) 5万円~ 9万円~ 15万円~ 17万円~
福岡(約500km) 7万円~ 10万円~ 20万円~ 30万円~
沖縄(約1200km) 25万円~ 28万円~ 35万円~ 50万円~

 

 

繁忙期(3~4月)の大阪から各主要都市への引越し料金

単身 2人家族 5人家族以上 4人家族
北海道(約1000km) 17万円~ 25万円~ 38万円~ 50万円~
仙台(約600km) 11万円~ 16万円~ 32万円~ 40万円~
東京(約400km) 10万円~ 15万円~ 30万円~ 38万円~
名古屋(約150km) 7万円~ 12万円~ 18万円~ 20万円~
愛媛(約270km) 8万円~ 12万円~ 20万円~ 25万円~
福岡(約500km) 9.5万円~ 13万円~ 26万円~ 38万円~
沖縄(約1200km) 32万円~ 38万円~ 45万円~ 70万円~

通常期と繁忙期の金額を比較してみると、繁忙期の方が2~3割程料金が高くなることがわかります。繁忙期の中でも連休や大安の日は通常期の倍ほどの金額になることもあるので注意しましょう。

 

また、引越し料金は距離が遠くなればなるほど高くなるのが一目瞭然です。特に本土と陸で繋がっていない沖縄は飛行機や船を利用しなければならないのでその分だけ引越し料金が高くなります。

 

引越し料金を安くするポイントは?


大阪から各主要都市への引越し料金を安くするポイントは以下の通りです。面倒でも1つ1つチェックして少しでも引越し費用を抑える工夫をしてみましょう。

  • 繁忙期を避けて通常期に引越しをする
  • 可能な限り平日に引越しする
  • 引越し業者への値引き交渉をしっかり行う
  • 荷物の量を減らす
  • 北海道へはJR貨物便、沖縄へは船便を選ぶ

 

繁忙期を避けて通常期に引越しをする

進学、就職、転勤、などで引っ越す場合は3~4月を避けて2月や5月に引越しできないか検討してみましょう。

 

3~4月は日本全国どこでも引越しが多く発生し、どの業者に依頼しても引越し料金が高くなります。

 

例えば、4月から大学などに入学する場合は、少し早目の2月の終わりに引越しを済ませてしまうと料金が安くなります。就職や転勤の場合は日程調整が非常に難しいのですが、引越し日程を繁忙期からずらす工夫ができないか一度よく考えてください。

 

可能な限り平日に引越しする

割増料金を払わないためにも、引越しの依頼が少ない平日を選ぶと良いでしょう。

 

引越しは土日に集中しますので、引越し業者は土日の料金を割増にしているのです。どうしても3~4月の繁忙期に引越しをしたい場合も、土日ではなく平日を選んだほうが料金が安くなります。平日に休みを取ることが可能な方は、ぜひ検討してみてください。

 

また、引越し業者は依頼が少ない平日に少しでも多くの引越し作業を受けたいと考えているため、平日の引越しは値引き交渉がしやすいというメリットがあります。この点も見逃さないようにしましょう。

 

引越し業者への値引き交渉をしっかり行う

引越し料金は定額ではなく、荷物の量、引越し時期、移動距離、などによって変動するので、値引き交渉によっては値下げしてもらうことが可能です。

 

引越しをする際には数社から見積を取り、それぞれを比較しながら値引き交渉を必ず行いましょう。値引き交渉がうまくいけば、他の業者よりも1~2割ほど安い料金を引き出すことが可能だと言われています。特に荷物が多い家族引越しの場合は値引き金額が大きくなる可能性がありますので、面倒でも値引き交渉をしっかり行ってください。

 

荷物の量を減らす

引越し料金を確実に安くする方法は荷物を減らすことです。

 

引越しの時期や移動距離は自分でコントロールできませんが、荷物の量ならコントロールが可能です。引越しが決まったら不要なものをどんどん捨てておき、できるだけ荷物が少ない状態にしておきましょう。

 

引越し荷物の量が減ると、引越し料金が安くなるだけでなく引越し作業が楽になるというメリットもあります。何年も着ていない服、使う可能性がない雑貨、とりあえず保管している本、などがある場合はこれを機に思い切って処分しておきましょう。

 

北海道へはJR貨物便、沖縄へは船便を選ぶ

北海道へはJR貨物便、沖縄へは船便を選ぶと比較的料金が安くなると言われています。

 

本土にある大阪から北海道や沖縄に行くには海を渡る必要があるのでその分だけ料金が高くなりますが、本土から北海道への交通手段は、空輸(飛行機)、JR貨物(青函トンネル)、船便、がありますが、貨物用の列車を使ったJR貨物が一番安くなります。飛行機はそのものの料金が高く、引越し業者のトラックをフェリーで運ぶ船便はトラックが北海道から本土に戻るための交通費が必要になるので割高になります。

 

本土から沖縄へは列車がないので、空輸か船便しか手段がありません。空輸は当然高いので、船便を選んだ方が引越し料金が安くなります。但し、空輸はすぐに引越し荷物が届きますが、船便は数日かかる可能性があるのでこの点に問題がないかよく確認しましょう。

 

大阪の引越し業者から納得できるところを選ぼう!

西日本地域の主要都市である大阪は非常に引越しが多く発生する地域のため、大手の引越し業者だけでなく関西地域をメインの拠点としている引越し業者も多数存在します。大阪から引っ越す際には最低でも3つ以上の業者から見積を取り、しっかり値引き交渉をして納得できる内容と料金を提示してくれた業者を選ぶようにしましょう。